在宅という制限の中で、
満足いただけるサービスを。
わかたけ24ケアステーション青葉 サービス提供責任者

井澤 美歩入職17年目

多様なご要望に、最適なマッチングで応える。

多様なご要望に、最適なマッチングで応える。

訪問介護というサービスは在宅の方が対象です。設備の整った介護施設とは違い、ご利用者様のお宅で、そのお宅のモノを使ってサービスをご提供しなければならないため、予測のできないことが起こることもしばしば。ヘルパーには柔軟な対応力と高いスキルが求められますが、反面、やりがいも大きいと思います。わたしはサービス提供責任者という立場ですので、主にヘルパーのスケジュールを管理し、日程調整を行っています。地域のケアマネージャーさんとも連絡を取り合い、ご利用者様からのご要望なども汲み取ったマッチングを心がけていますね。また、ヘルパーの仕事がやりやすくなるような環境づくりも大切な仕事。事前の準備やご利用者様についての情報伝達は入念に行うようにしています。

女性を理解し、女性にやさしい環境のもと。

女性を理解し、女性にやさしい環境のもと。

介護サービスの職場では多くの女性が働いているので、女性にとって働きやすいというのも魅力のひとつだと思います。わたしは出産を経験し、産休・育休を経て復職していますが、まだ子供が小さいこともあり、今は日中だけの短時間勤務をさせていただいています。周囲の方の理解やサポートには本当に感謝していますね。わたし以外にも同じように復職して働き続ける女性が多いのも、若竹大寿会が大切にしている「働く職員が幸せでなければ良い介護ができない」という考えが職場全体に浸透しているからこそ。介護の職場はキツくて大変だというイメージがあるかもしれませんが、ここに関しては、そう感じることはありません。むしろ、長く働き続けられるとても良い環境だと思いますよ。

わたしの一日

9:00

1日の訪問スケジュールとスタッフの確認

朝9時に出勤。まずは1日の訪問スケジュールに漏れがないかをチェックして、ヘルパーの出勤状況なども合わせて確認。早番の職員からも報告を受けます。朝イチで訪問時間の変更やキャンセルの連絡が入ることもあるので、その際はスケジュールの再調整を行います。日によっては、わたしもヘルパーとしてご利用者様のお宅に伺うことも。

13:00

ケアマネージャーさんからの相談に対応

地域のケアマネージャーさんから訪問介護に関する新規のご相談やサービス変更のご相談があれば対応します。また、訪問から帰ってきたヘルパーから報告を受け、情報の共有を積極的に行います。時にはスキルアップが必要と判断したヘルパーに対して、個別に研修を行うことも。ヘルパーの教育もサービス提供責任者の仕事のひとつになります。

15:00

遅番の職員への引き継ぎ業務

帰宅前にその日の夜や翌朝の訪問スケジュールを確認します。遅番の職員に引き継ぎを行い、日中のご利用者様の様子や健康状態などを事細かに伝えておきます。訪問介護は24時間サービスのため、夜や早朝の訪問にも支障が出ないよう引き継ぎは念入りに行います。すべての業務が終了し、15:30に帰宅。

みなさんへメッセージ

井澤 美歩

自分自身で経験したからこそ言えることですが、事業領域の広い若竹大寿会ではさまざまな仕事に携われる可能性があります。介護施設であったり、グループホームであったり、在宅サービスであったり。どういう仕事をしたいのか自らの意志を伝えれば親身になって考えてくれる職場ですので、「幅広いキャリアを積みたい」「ステップアップしたい」という目標を持つ方にはとても魅力的な環境だと思います。