コンシェルジュのように、
暮らしの質を高めていく。
サービス付き高齢者向け住宅 わかたけの杜 生活相談員

西條 将崇入職10年目

視線は、施設の中と、その先の地域にまで。

視線は、施設の中と、その先の地域にまで。

介護スタッフとして入職から数年間を現場で働き、今は生活相談員という立場で介護に携わっています。生活相談員の仕事は事業所ごとに異なりますが、ご利用者様のご相談の対応をはじめ、ご利用希望者様へのご説明からご契約までの手続き。さらには、お食事の用意や送迎など、さまざまな面で幅広くサポートします。また生活相談員は、地域にも目を向けなければなりません。例えば、事業所に1室空きがあって、地域にお1人介護を必要とされている方がいる、という状況は、介護の世界では健全ではないと考えます。そうしたミスマッチが起こらないよう、地域のケアマネージャーさんとのコミュニケーションを密に取り、利用率を上げていくということも生活相談員としての大切な仕事になりますね。

変化を求めれば、周囲がサポートしてくれる。

変化を求めれば、周囲がサポートしてくれる。

この仕事を続ける中で大切にしているのは、変わり続けるということですね。人として成長する、いわゆる「人間力」を伸ばすことはもちろんですし、今直面している壁を乗り越えるために、その道に詳しい方や上長にアドバイスを求めるなど、自ら積極的に動きアプローチするようにしています。若竹大寿会で働く職員は、年齢や立場に関係なく、とてもフレンドリーな関係を築いているので、わからないことや困ったことがあってもチームとしてサポートしてもらえます。わたしも多くの先輩方に助けていただきながら、少しずつですが成長を実感できています。そういう意味では、ここは働く職員にとって成長しやすく、将来的なキャリアアップも目指せる良い環境だと言えるでしょうね。

わたしの一日

7:00

入居されている方へのお食事の用意とふれあい

朝は朝食のご用意から。入居されている方でご希望される方のお宅にお食事をお届けします。その際にはお声がけをして健康状態の確認も行います。また、食事の後のラジオ体操にご参加いただけるよう促したりもしますね。サービス付き高齢者向け住宅は、基本的に自由に暮らせるので、その都度ご入居者様のお困りごとなどに対応することになります。

12:00

昼食の用意やご入居希望者様へのご説明業務

昼食も朝食同様、ご希望される方のお宅へお届けします。その後は、こちらの施設への入居希望の方にご説明を行ったりしています。多い日になると1日3〜4件。土日だけでなく平日でもご説明させていただく機会は多いですね。たまに飛び込みで相談や見学したいという方もいらっしゃいますが、お困りの方にはできる限り対応するよう心がけています。

15:00

ケアマネージャーさんとの連携や送迎なども

日によっては地域のケアマネージャーさんから「サービス付き高齢者向け住宅を探している方がいるんだけど…」といった相談があり、その対応を行うこともあります。そのほかにも、近隣スーパーまでシャトルバスによる送迎を行ったり、人手が足りない時は園芸の仕事を手伝うなんてことも…。夕食の時間になれば、その準備とご希望される方のお宅までお食事をお届けします。

みなさんへメッセージ

西條 将崇

若竹大寿会は、さまざまな事業所、さまざまなサービスをご提供している社会福祉法人です。それだけに身体介護だけではない仕事もたくさんあって、従来の介護のイメージにはない役目を担う職員も多数います。若い方たちにはそういった仕事にも目を向けてもらい、介護の仕事に関心を持ってもらいたいですね。「ひとつの事業所を管理したい」くらいの大きな目標でも、ここでは実現可能な環境が整っていますから。